So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国映画『監視者たち』を観てきた。 [映画]

IMG_20141002_185106.jpg

2014年10月2日 シネマート六本木

ラスト、香港の俳優、サイモン・ヤムがカメオ出演していて「なんで?」と思ったんだけど、本作は、2007年製作香港映画『天使の眼、野獣の街』のリメイクで、その作品の主役がサイモン・ヤムだったのね。

オリジナル版は未見なんだけど、ジョニー・トー製作って事で、多分雰囲気違うんだろうね。

話しは単純明快。
予告とか観ると「またいつもの韓国ノワール?」って思うかもしれないけど、違うんだなぁこれが。
思った以上にエンターテイメント性が高い娯楽映画になってます。
カーチェイスシーンとか、最初VFXなのかと思ったら、家でYouTube観てたらメイキングがあったんだけど、其れ観たら違うんだよね。
ちゃんとロケしててびっくり。
観た事も無いアングルから撮影されているのも驚いたし・・・
そういう面でも娯楽作品なんです。
それにしちゃ、やっぱり血が日本人の感覚からすると、若干多め・・・(苦笑)って感じは否めないんだが。

つうか「明快過ぎるこのストーリーをここまで面白くするって凄い」と思った。
今の基準からすると、複雑なとこがほとんど無いんだけど、そうすると普通、つまらなくなる訳じゃん。
でも、この作品は違うんだよね。
どういうマジックなのか、そして、オリジナル版もそうなのか、よくわかんないんだけど。

出演陣。
良かったです。

チョン・ウソンのアクションは、ドラマ「ATHENA」で観ていたので、あんまり驚かなかったけど、人生初の悪役。
カッコ良い訳で。

子豚ことハン・ヒョジュ嬢がもうなんつうか、かわいいやらかわいくないやら、いやカワイイんだけどね。
髪型が・・・可愛すぎて、どうしていいやら。
もうすぐ嵐の相葉雅紀氏と共演した日本映画が公開されるんだが・・・
観に行きたいんだけど観に行きたくないんだなぁこれが。
だってストーリーはつまんなそうなんだもん。(苦笑)
一番苦手なタイプの日本映画って予感がびんびん。
それでもヒョジュ嬢目当てで行くべきか?
悩みどころだ。(苦笑)

リスことグループ2PMのジュノ氏。
全然期待してなかったんだけど・・・
泣いちゃいましたね。

ソル・ギョング兄さんも、オジサン然とした刑事役が填まってたし。
韓国映画って、キャスティングの違和感が少ない事も魅力だな、と改めて感じた次第。

まぁとにかく、韓国映画苦手な人つうか、普段映画観ないライトな観客でも、これはだいじょうぶなんじゃないかと。
それほど韓国臭が強くないので・・・オリジナルが香港だからかもしれんけど。

ノワールとしてではなく、娯楽作品としてお薦めです!
たまにはこういう韓国映画も悪くないよ、うん。

それから、オリジナル版も観てみたいな。
ジョニー・トー製作だし、面白いんじゃないかと。

最後に、監督のインタビューが秀逸なので紹介しておきます。
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1972276
本作鑑賞後に読むと、とても興味深いです。


http://kanshisya-movie.com/
http://movie.daum.net/moviedetail/moviedetailMain.do?movieId=73751
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=80610
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: