So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国映画『泣く男』を観てきた。 [映画]

IMG_20141026_213840.jpg

2014年10月26日 シネプレックス幕張

チャン・ドンゴンがカッコ良すぎて痺れた!
期待していた通り、心に暗闇を持つ男が主人公の"韓国ノワール"で、言うこと無し。
最後は私も"泣く男"でした。

韓国での悪評も耳に入っていたので、心配してたんですけど、若干。
私にとってはとても良い映画でした。

ただし『アジョシ』を期待して観に行くと肩透かしです。
それだったら『サスペクト』の方が、ずっと『アジョシ』的だと思いますよ。

今思うと『アジョシ』は、勧善懲悪的なヒーロー物語なんですよね。
主人公テシクが漂わせている不気味さって、心の闇から来る不気味さじゃなくて、素性がわからない不気味さなんです。
なのでノワールというより、アクションかと。

そもそもジャンルが違う気がします。
たまたま監督が同じってだけで。

韓国での本作公開前の4月に、もうこんなこと書いてましたし。

そこに書いた「凄く面白いか凄くつまらないか、どちらかしかないような気がする」という予感は当たっていましたね。
私は凄く良かったですが、「つまらない」という人も多く。
ええ、そういう人の気持ちもわかります。

途中まで、セリフが極端に少なく、そもそも導入部からして、感情移入できる作りになってないです。
しかも、『アジョシ』のテシクみたいな、ある種のヒーローが登場する話しじゃ無いですから、そりゃもう、ヒーロー好きな人が観たら、「なにこれ?」レベルの作品でしょう。

ヒーローとは真逆な、人として、大きな欠落を抱えたまま生きている男の話ですからね。
そしてその欠落を、埋めていこうというお話ですからね。
ある種のマザコンでしょう、主人公ゴンは。
万人受けする訳がない。

そういえば、『アジョシ』では少女を救う話しだったのに、本作は、出てきて数分で少女が撃たれてちゃいます。

監督は、もちろん意図的にそういう選択をしてるんですよね。
本当に、相当な覚悟をもって、『アジョシ』と決別したかったんでしょう。
"『アジョシ』の監督"と言われ続けるのを良しとしなかったんでしょう。

こういうのも、韓国人の気質だな、という気がします。
だからか、ドラマも映画も、"続編"”パート2”が日本よりずっと少ないんでしょうね。

そして主役のチャン・ドンゴンも、きっと本作への出演によって、"何か"を変えたかったのでしょう。
私が思うに、ドラマ「紳士の品格」で演じていた役柄の方が、彼には似合っている気がします。
でもいつもそれじゃ、飽きられるし、自分自身、面白くないんだと思います。
なので、新たなチャレンジをしてみたかったのでしょう、きっと。

そう考えると、これだけわかりにく話になったのが、なんかわかる気がします。
理論的ではなく、感情的にね。

それと、監督がインタビューで銃の怖さに言及してたのですが。
それも、何となく伝わってきました。
たぶん、そういう意図があるんだろうな、と。

初めて実弾射撃場へ行って、発砲したとき、やっぱり凄く怖かった。
「簡単に人を殺せる道具が手中にある」っていう感覚、日常ではあんまり無いでしょ。
もちろん包丁でも人は殺せるけど、どこをどのくらい刺せば良いか、なんて知らないもの。
けど、銃は引き金引いて弾が当たれば人を殺せるんだよ簡単にね。
そういうチカラを手にしている怖さ。
経験したことある人じゃないとわかんないと思うけど。

その怖さが思い浮かんだんだ。
アメリカ製アクション映画なんか、あれだけドンパチやってても、そんな事感じないんだけどね。
不思議。

それとラスト。
泣くシーン要らないという人が多いみたいだけど、あれも韓国風の作り方なんだよね多分。
『新しき世界』も、最後に若き日の2人が出てくるシーンがあったけど、ああいうのが良いんだろうね。

万人にはおすすめしません。
特に『アジョシ』が好きな人とか、ドラマでのチャン・ドンゴンが好きな人にはおすすめしません。

韓国ノワール好きで、心に闇を抱え、それこそ実弾撃った事あるような、何かが欠落したマザコンな男達にお薦め!

最後に、数ある韓国公式予告編の中で一番気に入っているのを貼り付けておきます。

この曲を歌っているのはFly to the Skyという男性2人組。
そして曲は「10年経っても」
劇中では使われていませんが、とても良い曲。
今年聞いたK-POPで一番好きかも。


http://nakuotoko.jp/
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=80900
http://movie.daum.net/moviedetail/moviedetailMain.do?movieId=78931
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。