So-net無料ブログ作成

爆クラ!presents ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモニー交響楽団 クラシック体感系 ~時間、音響、そして、宇宙を踊れ!~ [音楽]

DSC_0232.JPG
2016年3月21日  Bunkamuraオーチャードホール

こういう、クラッシック音楽とテクノというか打ち込みモノの融合って、うまくいった試しが無いようにおもうんだけど、これは相当、良かったです。

もちろん、まだまだ実験的要素は強いんだけどね。
例えば、25年前、初めてクライズラー&カンパニーを聞いたときに感じた「こりゃダメだ」って感じとは違い、この先、このやり方が進化すれば、一つのジャンルになるのかも、という可能性を感じさせてくれただけでも、行って良かった。

ジェフミルズを知ったのは、もう10年以上前。

秋葉原の、今は亡き「ヤマギワ」のCD売り場で流れていたTechnoMusicに「なんだかわからないけど、このDJ凄いな」と思って、お店の人に、「今、かかっているこのCDください」と言って、買って、ジェフミルズを知った。

こういう衝動買い、後にも先にもこれ1度だけなのだが、本当に強烈で。

でもね、買って良かったな。
まさか、ジェフミルズのライブに行く事が出来る日が来るとは思ってもみなかった。

という訳で、楽しめました、思っていたよりは。

会場は、不思議な雰囲気でした。
いかにもクラブ好き、テクノ好きという感じがするDJ風の人も多かったし、旧来のクラッシック音楽好き、って感じの人も、それなりにいて。

音楽同様、観客の"融合"が、もう少しうまくいけば良かったかも。
どちらの側の人も、お互いに"邪魔しちゃ悪い"と思っている、腰の引けた雰囲気が漂っているのは、面白い光景でした。

それにしても、最後、 ジェフミルズの代表曲「The Bells」が始まった時には、私も、足でリズム取ってたけど、実際、立ち上がりたかった・・・

やっぱり良い曲だし、今回のオーケストラバージョンのアレンジも、秀逸でした。

当初は、キワモノ的な面白企画って思ってたけど実際に聴くと、クオリティが高くて満足。
CDやテレビでの視聴ではなく、実際にホールまで足を運ぶ価値がある企画だったように感じました。

それと今回、特筆すべき楽曲が演奏された(されなかったけど)のにも驚いた。

ジョン・ケージの「4分33秒」。

知ってますか?
私は、韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」で知ったのですが。
ええ、あれですよ、無音のやつ。
4:33 無音
のやつです。

それをちゃんとした指揮者のいるフルオーケストラで聴く機会って、ほぼ無いんじゃないかなぁ。

不思議な感じでしたね。

当然、完全無音じゃないです。
咳払いやら、なにやら、ノイズは聞こえてくるんだけど、意識が外じゃなく内側へ行ってたんですよ、私の場合。
静寂の中にある、自分の意識を、とても強く感じました。
言葉で説明するの難しいんだけど。

それが、作曲者の意図なのかは、わかんないけど、貴重な経験をさせてもらえました。

次は、途中のMC無しで、90分程度、ノンストップで演奏する オーケストラ x DJ を観たいですね。

爆クラ! PRESENTS ジェフ・ミルズ x 東京フィルハーモニー交響楽団
http://www.promax.co.jp/bakucla/
ジェフ・ミルズと東京フィルハーモニー交響楽団による音楽の宇宙飛行を体験! | Qetic | 時代に口髭を生やすニュースメディア”けてぃっく”
http://www.qetic.jp/music/jeffmills-pickup/183850/

《<こち亀>40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結》
いろんな事に疲れたんだろうね。


EXHIBITIONIST

EXHIBITIONIST

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: シスコ・インターナショナル
  • 発売日: 2004/01/09
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

韓国映画『インサイダーズ 内部者たち』を観てきたんだけど、イ・ビョンホンのカッコ良さがはじめてわかった。 [映画]

DSC_0475.JPG

2016年3月17日 TOHOシネマズ新宿
2016年に観た17本目の映画。

この日は、韓国映画を2本観たんだけど、その2本目。

初めて、イ・ビョンホンの事を「カッコイイ」と思ったな、この映画を観て。
そして、大衆娯楽映画として、とても面白かったです。

イ・ビョンホンをはじめて観たのは、彼が主演していた「IRIS」だった。
それが、自分としては、初めて観た韓国ドラマだったんだけどね。
有名だから、その前から名前は知ってたけど。

その後、彼の出演している映画を数本観ているが、素直に言って、他の俳優・・・例えば、ハ・ジョンウなんかと比較して、その格好良さというか、魅力とか、人気の理由とか、今ひとつピンとこなかった。

そんな私でも、この作品のイ・ビョンホンは、文句無しにカッコイイ訳で。
といっても、いつものアクション映画じゃないんですよね。
泥臭い格好良さって言えば良いのかな。

ビルの屋上で、片手が不自由な状態でラーメン喰ってるイ・ビョンホンのカッコイイこと!
痺れます。

過去に書いた気がするけど、色々なドラマや映画を通して度々描かれている、政治腐敗・・・賄賂がまかり通る、昭和の日本を思わせる腐敗。
その腐敗に立ち向かうのが、ゴロツキというかチンピラというか、兎も角、その本人も腐敗に一役買っている裏社会の人間を演じるイ・ビョンホンがカッコイイ。

後半、イ・ビョンホン演じる主人公が自分を利用した裏社会の人間に復讐を開始するのだが、その復讐は、現役検事と手を組み、最終的には、裏社会の人間をコントロールしていた巨大組織との対決に向かうというストーリー。
こういうの、今の韓国人にとっては、痛快なんだろうなぁ。

ある種の願望が、込められている気がします、このラストには。
自分たちを苦しめる悪い権力者たちが、裏社会の人間に木っ端微塵にされていく姿をみて、溜飲を下げる。
わかりやすいヒーロー・・・例えば、「IRIS」でイ・ビョンホンが演じたキム・ヒョンジュンとは違う、新たなヒーロー像を提示しているのが、韓国で大ヒットした要因なのでしょう。

韓国で裏社会を描く時にはお馴染みの「いい顔」の人たちも、相変わらず大挙出演してますし、やっぱり、この骨太で、男臭い味は、今の日本じゃ出せないんだよな~という事で、こういう味がお好きな方には、大推薦。
個人的には、こういう味が大好きなので、機会があれば、また劇場で観たいですね。

http://inside-men.com/
http://coco.to/movie/40419
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=85490
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=85378

《<こち亀>40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結》
いろんな事に疲れたんだろうね。


インサイダーズ/内部者たち ブルーレイ スペシャルBOX(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

インサイダーズ/内部者たち ブルーレイ スペシャルBOX(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画