So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国映画『国選弁護人 ユン・ジンウォン』を観てきたんだけど、色んな意味で韓国らしい作品でした。 [映画]

DSC_0559.JPG

2016年10月7日 シネマート新宿
2016年に観た47本目の映画

こういう、地味なお話で、300万人も動員できるって、韓国の観客って精神年齢高いなぁと思う。

実話ベースだから、どうしたって劇的にはしにくい。
恐らくそれにあわせているのだと思うけど、出演者も地味だしね。

ただ、こういった、所謂公務員の腐敗については、たびたび映画化されている。
しかも、実話ベースの作品が、結構多いという印象。

前にも書いた気がするが、私が高校生の頃、まだ韓国は、軍事独裁政権下だったのだ。
それを思うと、まだ日本ほど、民主主義に必要な情報公開や、司法の制度、コンプライアンスに対する意識が根付いていないとしても、仕方が無い面があるな、と思う。

なので、この作品も、「また、いつものか」という気持ちがしなくもない。
ただ、どの作品も、やはり類似の作品とは違う色を出したいと、苦闘している。

この作品の場合は、その苦闘が親子の情を描く事に帰結している気がする。

警官を殺害した、とされている、自らも同じ現場で息子を亡くしている被告と、殺害された警官の父親、この2人の気持ちに感情移入してしまう。
刑罰とは別に、結局のところ、亡くなった2人の息子は戻ってこない、という、やりきれなさ。

日本でも、親子の情を描く作品は多いが、韓国映画のそれは、やはりひと味違う。
それはそうだ、違う文化の国なのだからら。

そこが、韓国映画を観る面白さなんだけどね。
なので、この作品も、私としては、面白かったです。
地味な佳作ですけど。

それにしても、これだけ政府や政治の腐敗が度々描かれるという事は、後年・・・10年後20年後、韓国の人たちは「ああ、そういえば、この映画を観た頃の韓国は腐敗が酷い時代だったな」と思い返すのかもね。

http://coco.to/movie/41290
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=86266
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=75594


国選弁護人 ユン・ジンウォン [DVD]

国選弁護人 ユン・ジンウォン [DVD]







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。