So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月08日| 2017年06月09日 |- ブログトップ

アメリカ映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』を観てきたんだけど、 知的好奇心の強い大人、のための映画だった。 [映画]

DSC_0602.JPG

2016年10月15日 UPLINK
2016年に観た51本目の映画

子供の頃から、才能を認められ、一流のコンサート・ピアニストとして活躍していたようだが、50歳で現役引退。
その後ピアノ教師。
現在89歳。
シーモア・バーンスタインを追うドキュメンタリー映画。

その経歴に似つかわしくなく、あまり威厳がある容姿ではなく、どちらかというと中性的ですらある。
彼の語り口以外にピアノレッスンや演奏からも、その中性的な雰囲気が、見え隠れして、興味深い。

若くして現役引退した理由をはじめ、彼の紡ぐ言葉には、共感出来る部分も多く、彼を本当の意味で「リスペクト」している人がたくさんいるのは納得。

しかしその一方、あまりにソフトな語り口に、多生の胡散臭さというか、宗教的な匂いというか、カルト教団の教祖的な匂いも感じなくはない。

たぶん、実際には、そんな事はないんだろうけど。(笑)

必要以上のお金に執着が無いのは、なんとなく伝わってきたし、それよりも、ピアノ演奏を、もっともっと上手になりたいという熱を感じる。

シーモアさん、本当にピアノ演奏というか、音楽が好きなんだと。
市井に生きる多くの人に、純粋な音をもっともっと楽しんで欲しい、そして、そこから、何かを感じて、人生を後悔無く生きて欲しいと願っているように、感じました。

それにしても。
ピアニストは、ピアノ選び、やっぱり大変なんだなぁと。

私は幼少時代、ヴァイオリンを習っていたのですが。
その頃から、ピアノ演奏する人は、ピアノが、自分のものじゃないでしょ、コンサートで演奏する時。
大変なんだろうなぁと思っていました。

ヴァイオリンは、持ち運びが楽なので、基本、どこでも自分の楽器で演奏します。
当たり前ですが、他人のヴァイオリンを演奏する機会なんて、ほとんどありません。

けど、ピアノって、持ち運び出来ないから、コンサートで自分のピアノを使うなんて、YOSHIKIが使ってた河合の透明ピアノと、小室哲哉が使ってたヤマハのモーツアルトオマージュなピアノしか観た事が無い。(笑)
厳密に言えば、それだって「自分」のものか、わかりませんが。

ニューヨークのスタインウェイでピアノ選ぶシーン観て、「ああやっぱり自分好みのピアノで演奏できる機会は、そんなにないんだなぁ」と。

他人の楽器で、上手に演奏するピアニストって、逆に言えば凄いですよね。

http://www.uplink.co.jp/seymour/
http://coco.to/movie/41593
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=86636
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=88450


シーモアさんと、大人のための人生入門 [DVD]

シーモアさんと、大人のための人生入門 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD






2017年06月08日| 2017年06月09日 |- ブログトップ