So-net無料ブログ作成
検索選択
ジェフユナイテッド市原・千葉 ブログトップ
前の10件 | -

2016 J2 第35節 ジェフ千葉 対 京都サンガF.C. @フクアリ [ジェフユナイテッド市原・千葉]


DSC_0566.JPG
コンパクトデジカメ忘れたのでスマホの写真

2015年10月8日(土)
16:00 キックオフ
フクダ電子アリーナ

10位 ジェフユナイテッド市原・千葉 対 6位 京都サンガF.C.
勝ち点差8なので、J1昇格プレーオフ進出をかけて、負けられない闘いだったのだが。

結果は、0-3と完敗。

負けた事で残り7試合で6位との勝ち点差が11となり、可能性としてはゼロではないが、プレーオフ進出が相当困難な状況となってしまった。

遅刻して後半からの観戦。
スタジアム到着時点で0-2と劣勢だったのだが、そのままたいした反撃も出来なかった。
3失点目はPK。

前節からスタメンを結構変えていたが、それが裏目に出た印象。
それと、この試合は、何故だか選手交代もうまく機能せず。
全体的に、采配で勝負が決まってしまった感がある。

ただし、選手も、若干緊張からか萎縮していたようにも見える。
これも、もうずっと繰り返しなのだが、大一番で勝てる勝負強さがない。
プレッシャーがかかっていない試合だと、のびのびとプレー出来て、個々の能力を発揮出来るんだが。

この試合はダメでしたね。
緊張して弱いジェフ。

困ったね。

毎試合後、ゴール裏に選手が挨拶に来るのだが、そこで今回、一悶着あったみたいだね、選手とサポーターの間で。

不甲斐ない敗北を見せられて、いらだつサポーターの気持ちはとてもわかるが、選手にもどうしようもできない事があるでしょう。

特に今年は、選手20名以上の大幅入替と、その選手をセレクトした監督の解任という非常に特殊な要因が複雑に絡み合った困難な年になってしまったので、そこで選手に苛立ちをぶつけてもしょうがない気がする。

J1昇格は、高望みしすぎな年になっちゃったんだよね。
その原因は、昨シーズン終了後、関塚監督続投を決断した人たちにあると、私は思っているんだが。

そして、この後の7試合も、長谷部監督代行の来期続投が未確定なので、どういうモチベーションで闘って良いのか、選手にとっても難しい日々が続くと思う。

今年、移籍してきた選手に「ジェフに来なきゃ良かった」と思われなきゃ良いけどね。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/1008/result/
http://www.sanga-fc.jp/games/result/2016100803/
http://www.jleague.jp/match/j2/2016/100803/live/#live
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=10&date=08
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第33節 東京ヴェルディ 対 ジェフユナイテッド市原・千葉 @味スタ [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P9257647.JPG

2015年9月25日(日)
16:00 キックオフ
味の素スタジアム

15位東京ヴェルディ 対 10位ジェフユナイテッド市原・千葉

2年ぶりのアウェイヴェルディ戦。
味スタ到着した時に、すぐ思ったんだけど・・・2年前より、更にサポーター少なくなっていないか?
たまたまかもしれないけどね。

結果的には、1-1となりましたが、それが妥当という感じでしたね。
ジェフは、これで4戦負け無しですが、この日勝てれば、7位まで浮上出来た事を考えると、このドローは痛かった。

選手のコメントから、毎年お馴染みの「残り全試合勝つつもりで」が出始めてきたけど、ジェフそういうところで勝ちきれる強いチームじゃ無いじゃん。

今年も、昇格無理かなぁと。
去年で関塚監督退任してもらえば良かったのになぁ。
契約上、無理だったのかな?


前半20分過ぎくらいまでは、ヴェルディ優勢で。

で、24分、セットプレーから失点。

その後、相手が徐々に引いてくれたんだけど、ジェフは、なかなかシュートまで持っていけてなかったですね。
この状況じゃ、勝利はなかなか難しいなぁと思っていたら、アディショナルタイムに入る数分前に、吉田が決めてくれた。

その後、ジェフの猛攻がはじまり、3回くらい、決定機があったんだけど、入らなかったなぁ。
勝負弱いって言うかなんて言うか。

ヴェルディは、アディショナルタイムの決定機って、1回だけだから、十分チャンスはあったんだけど。

負けなかっただけ良かったと思うしか無いのか。
監督の責任というのは簡単だけど、未経験でシーズン途中からでしょ、あんまりそれをいう気にならないんだよなぁ。
この試合でも、交代策は上手くいっていると思うし。
戦術を植え付けるには、あまりにも時間が足りないと思うのだよ。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0925/review/
http://www.verdy.co.jp/itemview/template115_34_4564.html
http://www.jleague.jp/match/j2/2016/092510/live/
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=09&date=25
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦 川崎フロンターレ 対 ジェフユナイテッド千葉 @等々力 [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P9227580.JPG

2015年9月22日(木)
18:00 キックオフ
等々力陸上競技場

2009年、降格決定の試合以来だから7年ぶりの等々力陸上競技場。
その時は、まだ横須賀線の武蔵小杉駅は開業していなかったように思う。
が、今は横須賀線で武蔵小杉駅まで行けるので、ラクだよね、千葉から乗り換え無しだから。

と言うわけで、小雨で若干寒いなぁと重いながら、武蔵小杉駅からスタジアムまで歩く。
改修工事が終わったとは聞いていたが、ずいぶんと雰囲気が変わっていて驚いたよ。

普段は、アウェイでもゴール裏での観戦が多いのだが、今回は、中二日で再びアウェイ東京V戦があるため、そちらをゴール裏で観戦することにして、今回はホームスタンドのアウェイ、ジェフ寄りで観戦。
屋根があるので、ギリギリ濡れないで済むかなぁ。

試合だけど。
思ったより善戦したよね。
J1セカンドステージ3位の川崎が相手となると、負けてもともと。
こういう、プレッシャーがかからない状況だと、意外と強いと思う、ジェフは。

結果としては4-1と大敗だけど、延長戦まで持ち込んで力負けだから。
延長が無ければ1-1だった。
内容的にも、悪く無かった。
ジェフもそうだけど、川崎もベストメンバーじゃないから、本来はもっと強いんだろうな、と思う場面も多々あった。
接触プレーになると、ジェフの選手が倒されるシーンが多かったし、パスされたボールの受け方も、だいぶ違う。
「これが噂に聞いていた、風間メソッド?」と思って楽しめたけど。

なにより、延長戦で先に足が止まったのは、ジェフだった。
やっぱり、日頃の練習内容か、練習にかけている時間が違うのだろうなぁ。
あそこまで、ジェフの選手が、一斉に疲労するとは思わなかったよ、延長戦前半。
まだまだ、J1への道のりは長いと思った。

だけど、ジェフの選手にとっては、手応えを感じられた試合だったんじゃないかな。
もちろん、自分たちに不足している部分も、明確になっただろうし。

興行としても、J2のサポーターにとっては、夢のある対戦だよね。
J1、それも上位チームと対戦ってさ。
実数はわからないけど、既にJ1時代を全く知らないジェフサポーター、結構いるみたいだから、そういう人たちにとっては、尚更。

負けたんだけど、試合内容としても、興行としても、とっても楽しめた試合でした。
ただ、川崎フロンターレのサポーターにとっては、メリットあったのかな?とは思うけど・・・

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0922/result/
http://www.frontale.co.jp/goto_game/2016/emperors_cup/02.html
http://www.jleague.jp/match/emperor/2016/092211/live/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第32節 ジェフ千葉 対 レノファ山口FC @フクアリ  [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P9187503.JPG

2015年9月18日(日)
16:00 キックオフ
フクダ電子アリーナ

10位ジェフユナイテッド市原・千葉 対 8位レノファ山口FC

3連勝ならず。
10位と8位といっても、勝ち点の差は、僅か1だったので、勝てれば順位が逆転してたんですけどね。
そういう試合で、なかなか勝ち切ることが出来ないジェフ。
本当に不思議です。
監督や選手が変わっても、勝負強さが身につかないのは。
やはり、成功体験が少ないせいなのでしょうか。

内容的に、引き分けは、妥当な試合だな、という感じはしていました。
山口の方が、パスワークは上手だったと思うのです。
攻め込まれていた時間帯も結構長かった気がするし、そもそも、ポゼッションも、山口の方が上だったし。
素直に言って、負けていても不思議ではなかったと感じます。

ただ、試合が終わってみれば、シュート数でいうと互角でしたから、監督の采配は、ある程度当たったんですよね。
カウンター重視で、基本的には間違ってなかった。

ただ、後半途中からの4バックから3バックというか5バックへの変更って、どうだったんでしょうかね?
監督の試合後談話を読むと、苦し紛れというわけじゃなく、理論的な変更だったようですが。
試合の流れを切ってしまった気がしてならないです。

そこら辺は、新人監督さんですから、試行錯誤の中、色々と学んで行くべきところなのでしょうが、本来なら。
ただ、ジェフのクラブとしての必達目標もある訳で。

となると、関塚監督解任後の監督人選が、本当にこれで良かったのかと思うわけです。
あ、長谷部監督がだめとかじゃなく、この苦しい状況ではなく、もっと別の機会に登板してもらいたかったという事です。
可能性を感じているからこそですが。

前例として、江尻さんの例があるから、余計そう思うのですが、監督交代ですべて解決ってわけじゃなくて、かえって問題が複雑になることもある。
色々と難しい状況になってきたなぁというのが冷静な見方です、私の。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0918/result/
http://www.renofa.com/archives/result/j2_32/
http://www.jleague.jp/match/j2/2016/091803/live/
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=09&date=18
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第30節 ジェフ千葉 対 ファジアーノ岡山 @フクアリ 関塚隆監督解任後、初の生観戦。 [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P8217429.JPG

2015年8月21日(日)
18:00 キックオフ
フクダ電子アリーナ

10位ジェフユナイテッド市原・千葉 対 3位ファジアーノ岡山

清水エスパルス戦の翌日である7月25日、関塚監督の解任が発表されました。

思った事を3つ。

・今年、J1昇格出来なかったら、昨年末に関塚監督続投を決めたクラブの担当者に大きな責任がある。
・選手の大幅入替は、一体何のためだったのか・・・ジェフでやりたい気持ちがあったのに他クラブへ移籍せざるを得なかった選手に申し訳無い。
・結局、関塚氏は、フロンターレとかオリンピック代表とか、それなりに個の力が強い選手があつまっているチームで無ければうまく指導・指揮できないんだなぁ。

で、長谷部監督代行へ残りの試合を託す事になったのだが。
監督代行就任後、既に4試合を行い、勝ったのは1試合だけ。
ホームでの勝利は、6戦ぶりでの勝利。

と、関塚監督解任は、遅きに失した感じがしますが、それでも続投よりは、マシでしょうね。
関塚時代の5バックは、観ていて本当につまんなかったもんなぁ勝てる気がして無くて。

この日、長谷部監督代行が指揮する試合を始めて観たのですが、とりあえず、6月7月に観た試合よりは、良くなっている気がしました。

もちろん、就任からたった1ヶ月と言うことで、監督の理想とするチームにはなっていないのでしょうが、それでも、今後の方向性の一端は、見えた気が。

得点の可能性が増える予感のする良質なウラへの飛び出しが増えていましたね。
苦し紛れのパスが減っている気もしたし。
守備の変化は、パスコースの限定が、しっかり出来るようになっていた印象でした。

勝てたのは、岡山のコンディションが悪いように見えたから、必ずしもジェフが強くなったからとは思わないけど、内容が悪く無いので、今後への期待が膨らむ試合でした。

なんとかJ1昇格プレーオフに進出できるようになれば良いと、今後の伸びしろに期待しますが、もう少し早く監督交代できなかったのかとも感じましたね。
新人監督が自分の戦術をチーム全体に浸透させるには、あまりにも時間が少ない気がします。
大枠は示せても、ディテールまで浸透させられるのか?
時間との闘いになるんだろうな。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0821/result/
http://www.fagiano-okayama.com/game/live_2016082103.html
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=08&date=21
http://www.jleague.jp/match/j2/2016/082103/live/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第25節 ジェフ千葉 対 清水エスパルス @フクアリ 試合後の落胆で疲労困憊 [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P7247404.JPG

2015年7月24日(日)
18:00 キックオフ
フクダ電子アリーナ

9位 ジェフユナイテッド市原・千葉 対 7位清水エスパルス

9位対7位といっても、勝ち点で見るとジェフ33に対しエスパルス38と、結構な差がある。
なので、なんとしても勝ちたい試合だったのだが・・・

今年見た試合の中で、一番疲れたかも。
試合途中の盛り上がりと、試合後の落胆の差が激しすぎて。

前半2点決められて0-2となり、こりゃダメかと思ったら、その後前半1点、後半1点で2-2と追いつく。
80分、エスパルスがレッドカードで1人退場。
で、84分、長澤が決めて3-2になって、大盛り上がりして、「こりゃ今日勝てるかも」と思ったら・・・
甘かった。

90分オウンゴール、94分テセの1発と2失点。
で3-4で終了。

なんだそりゃ。
試合終了と同時にピッチに倒れ込んだ選手がいつも以上に多かったので、選手が気を抜いていたとか、思わないけどね。
でもさぁ、この負け方は、かなりショックだよ。

やっぱりジェフはそんなに強く無いんだよなぁ。
J2下位で低迷している訳じゃないから、弱いとは表現したくないけど。
J1昇格するチカラは無いのかも。

そう思うとグッタリだった。
帰路の足が重い重い。
アウェイじゃなかったのが唯一の救いでした。

それにしても、5バック意味あんのかな?
2失点は、いずれも5バックの時で、得点0。
で、4バックにしてから、3得点で2失点。
監督がなんで5バックに執着するのかよくわからん。
しかも、今回の5バックは町田や山形の時とまた違う5バックだったし。

とは言え、4バックでも2失点しているのは事実だから、4バックに戻して全て解決じゃ無いのも明らか。
ここまで追い込まれると、やっぱり関塚監督では攻守の組織構築が無理なんじゃないかという気持ちしか残らない。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0724/result/
http://www.s-pulse.co.jp/games/result/2016072402/
http://www.jleague.jp/match/j2/2016/072402/live/
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=07&date=24
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第24節 モンテディオ山形 対 ジェフ千葉 @NDスタ 5バック意味あるのかな? [ジェフユナイテッド市原・千葉]

DSC_0427.JPG
スマホのカメラについてるパノラマ撮影機能、はじめて使ってみた。

2015年7月20日(水)
19:00 キックオフ
NDソフトスタジアム山形

10位モンテディオ山形対9位ジェフユナイテッド市原・千葉、1-1のドロー。

ジェフは前半、北爪のロングスローからエウトンのシュートが決まって、先制。
しかし後半、以前ジェフに在籍していた田代のJ初ゴールの恩返し弾を決められそのまま終了。
あと10分、しっかりと守備してくれたら勝てたんだけどなぁ。
前節町田戦と同じ守備時に5バックになるこのシステム、意味あるのかとおもっちゃう。

5バックの影響だったのか、前半は、シュート1本。
それを入れて先制したんだけど、この闘い方で、プレーオフ進出可能なのかね?
セットプレーでやられたから、5バック関係無いよね。

こうなると守備の問題というより、点が取れないことの方が問題なんだよね。
結局、シュート5本と、山形の半分以下。

これじゃどうにもならんよ。
相手が嫌がる効果的な攻撃をいつまでも構築できない関塚監督じゃ、無理だよね。
選手のモチベーションが下がって、チームが瓦解するのが怖い。
監督への求心力が、きっと下がっていると思うんだけど。

新しいシステム導入しても、それが熟成されるのには時間がかかる訳で。
この試合でも、守備と攻撃がちぐはぐで、システム自体に起因する問題の解決策が何も無いのか、という感じだった。
そう考えると、こんな内容で良いのかと、酷く不安になる。
とにかく、勝てても、強いと思えないし、引き分けでも、次は負けるかもと不安がよぎる。
この状況、ハッキリ言って選手個々の能力だけを当てにしている感じで、組織としての強さが見えない。

そもそもだけど、観ててつまんないよ、5バック。
それでも勝てれば、まだわかるんだけど、それも怪しいとなると・・・

それにしても、平日開催だと、地方のクラブは、興行として厳しいものがあるなぁ。
もちろん、ジェフでも平日開催となると、観客は減るんだけど、地方だと、その落ち込み方が、激しい気がした。

J2クラブ、もうちょっと減らして、平日開催が無いような日程となるようにする事は出来ないのだろうか?

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0720/result/
http://www.montedioyamagata.jp/match/2016/j2/24.html
https://www.jleague.jp/match/j2/2016/072002/live/" target="_blank">https://www.jleague.jp/match/j2/2016/072002/live/
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=07&date=20
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第23節 町田ゼルビア 対 ジェフ千葉 @町田 監督の指導力に疑問符。 [ジェフユナイテッド市原・千葉]

DSC_0387.JPG

2015年7月16日(土)
18:30 キックオフ
町田市陸上競技場

7位FC町田ゼルビア 対 9位ジェフユナイテッド市原・千葉
2-3で勝利。

ジェフは5戦勝ち無しで3連敗中。
正直、アウェイまで遠征して4連敗となると、ショックが大きいので、どうしようかと思ったんだけど・・・

大学の時に町田市民だったので、やっぱり思い入れがある地。
結局、行ってきました。

で、試合はシーソーゲームを制して、ジェフが勝利。
加入したばかりの丹羽が初ゴール。
そして、途中出場の阿道が、アディショナルタイムに逆転弾。

たぶん、失点を減らしたいからだろうけど、システムを変更してましたね。
事実上の5バック。

なんとしても4連敗は避けたいという事なのでしょうね。
もはや、なりふり構わず。

とは言え、それでも2失点している訳で、決してうまく機能しているようには見えませんでした、このシステム。
それでも、交代策が的中したのと、選手の気持ちが珍しく強く出て、3得点。

結局、システム云々は、サッカーの試合で、勝敗に関係する割合が、そんなに高くないのかと。
ビデオゲームであれば、こういう数値化できるパラメーターは現実以上に、勝敗へ関係してくるのでしょうが。

たま~にある、気持ちがシステムを上回った試合と言って良いかと。

ただ、まだ安定して強くなった感じはありません。
しかも、機能しなかった5バックを今後も続けるのであれば、チームの状態は、良いとは言えないのではないかと、感じてしまいます。
開幕当初ならまだしも、この期に及んで、システムの変更を行わなければならない、という事自体が、全くもって、異常事態でしょう。

やはり、関塚監督は、そろそろ指導力の限界が見えつつあるのでは?
今後、どういう決断をするつもりなのでしょうか、クラブは。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0716/result/
http://www.zelvia.co.jp/match/game/72421/
https://www.jleague.jp/match/j2/2016/071608/live/
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=07&date=16
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第18節 ジェフ千葉 対 東京ヴェルディ @ フクアリ こういう内容だと今期昇格難しいかもと感じた。 [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P6127281.jpg

2015年6月12日(日)
16:00 キックオフ
フクダ電子アリーナ

8位ジェフユナイテッド市原・千葉対19位東京ヴェルディ
2-2のドロー

後半開始から15分ほどで2-0としたので、そのまま勝てるかと思った。
内容良いように見えたから。

こっちはホーム無敗、7戦無敗で、相手は3試合勝ち無しだし、19位だし。
なのに・・・まさかのドロー。

もちろん、「2-0は危険」と言われるのは知ってるけどね。
2点取ってから、選手交代のメンバーとタイミング、そして、更に攻撃を続けるのか、守備を徹底するのか、という意思統一に失敗したように思いました。

もったいないドロー。
勝ち点2を取りこぼした。

まだまだ、急造チームの域を脱していない事を実感したゲームで、この試合観戦後、今期はじめて「今年のJ1昇格決定は無理かも」とリアルに感じましたね。
関塚氏の監督としての能力に対して疑念が払拭できません。

負けた訳じゃないのに、負けに等しい気分。
こういう半ば自滅みたいな試合を観た後って、疲労困憊なんだよないつも。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0612/result/
http://www.verdy.co.jp/itemview/template115_29_4537.html
http://www.jleague.jp/match/j2/2016/061207/live/#recap
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=06&date=12
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2016 J2 第17節 ジェフ千葉 対 モンテディオ山形 @ フクアリ 也真人の成長が存分に感じられた試合だった。 [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P6087238.jpg

2015年6月8日(水)
19:00 キックオフ
フクダ電子アリーナ

ジェフユナイテッド市原・千葉 対 モンテディオ山形

平日の夜って言う事で、お客さん少ないのかなぁと思っていたんだけど、思った以上に普通の時と差が無かった。
みんなジェフに期待しているのかな、やっぱり。

8位ジェフユナイテッド市原・千葉対14位モンテディオ山形
3-0で勝利。
順位から言って、勝てて当たり前の相手だが、6戦無敗のジェフに対し、8試合無敗の好調な相手だったので、勝てて安堵。

内容的にも、今年一番のゲームだったように感じた。

とは言え、相手の動きが重い上、ミスが多く、それに助けられた面が大きいと思う。
それと山形は、なんであんなにミドルとロングシュートばっかりだったのか?
崩して点取っちゃダメとか監督に言われたのかと思うほど、無理目な距離からのシュートばっかりの印象。
それほどジェフの守備が強固だったとも思えないんだが。
運動量の問題か?

確かに、危なげない試合運びだったし、シュート7本で3得点は、異様に高効率。
その割に、ジェフが強くなったという印象が、スコアほどなかったのが、不安。

今年加入した選手のポテンシャルが今ひとつわかってなかったんだけど、ようやく、個々人の特徴がわかりはじめてきて、試合観戦が少し面白くなった。

それにしてもヤマトは成長したよなぁ。
彼が入団当初、間近でお話をする機会があったんだけど、その時の印象が悪くて「こんなチャラいやつがジェフのエースになれんのかね」と思ってた。
ゴメン、俺がわかってなかったよ。

http://jefunited.co.jp/top/matches/2016/0608/result/
http://www.montedioyamagata.jp/match/2016/j2/17.html
http://www.jleague.jp/match/j2/2016/060801/live/#recap
http://www.football-lab.jp/chib/report/?year=2016&month=06&date=08
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - ジェフユナイテッド市原・千葉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。