So-net無料ブログ作成
検索選択
ちょっと思ったこと。 ブログトップ

本日、韓国では大学入試・・・「遅刻しそうなときは警察に連絡を」 [ちょっと思ったこと。]

Chosun Online | 朝鮮日報
大学入試:「遅刻しそうなときは警察に連絡を」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/11/07/2012110700522.html

凄いですね。

日本のニュース映像で、白バイやパトカーに乗ってる受験生が映っていますが、これって、本人が110番するんだ。(笑)
それは、知らなかったよ。

しかも、リスニングの時間帯になると、トラック迂回させてるんだ・・・それも初耳。

そこまでいくと、「甘やかしすぎでは?」と思わなくも無いですが、韓国人にとっては、それだけ、重要なんでしょうね、この試験。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今年を振り返って。 [ちょっと思ったこと。]

小坂です。

今年、最後の日なので、振り返ってみます、このブログについて。

10月1日から開始した、このWeblogですが、3ヶ月経過して、一番アクセス数の多かったページは、なんだと思います?




意外なんですが、10/28の「TV:刑事ナッシュ・ブリッジス」なんですよ。
人気あるんですかね、ナッシュ。
これ書いてから、周囲の人に「実は、私もナッシュ見てます」と声かけられることも度々でした。

ついでなんで、最終シーズン見た感想。

御存知の方も多いと思いますが、ナッシュは、低視聴率が原因で打ちきりとなりました。
最終シーズンを見ると、それも致し方ないか、と思えるクオリティの回も、多々ありましたよね。

アントワンと、マッケイブは、描き方次第で、もっと大化けしたかもしれないキャラクターだったと思うし、キャシディがナッシュの部下、と言う設定も、失敗してる気がします。

それと、まだ確認してないのですが、日本語版は、最終シーズンと、それ以前のシーズンで、翻訳家が違う人とか・・・

それを、最近、耳にしたのですが、それも最終シーズンが今ひとつと感じられた原因と推測されます、もし本当なら。

なんか、ちょっとだけ、歯車が狂っている感じなんですよね、日本語訳。
微妙な言い回しが、今までのシーズンと違う、という感じです。

ボクは、ナッシュに上司(シマムラ)が居た時期のエピソードが、一番面白かったように思えますが、皆さん、どのシーズンがお気に入りなんでしょうか?

個人的に今年一番の思い出は、F1観戦ですね。
衝撃的な出来事でした。
人生観、変わったかも。

皆さん、良いお年をお迎え下さい。
(^^)/~~~
デハ。

クリスマスシーズン中のコピー機 [ちょっと思ったこと。]

コピー機修理担当者の告白--悪ふざけもほどほどに

小坂です。
上記、CNET Japanの記事ですから、国外の話なんですが、なんですかね、このシーズンになると、こういう浮き足立つ人が居るのが嫌な感じがして、どうも好きじゃないです、クリスマス。

こういうの、ボクは電気グルーヴの石野卓球が10年以上前、テレビで公開してたの見て「こういう使い方があるのか」と関心しちゃいましたけど、西洋では、当たり前なんですかね~。

それにしても、女性もこんな事するのか・・・
何の意味があるのか・・・
御自慢?

日本でも、こうい事例は結構あるのかな。
従兄弟の旦那さんが、キヤノン販売で、外回りの修理やってるので、今度聞いてみます。

折り畳み自転車 [ちょっと思ったこと。]

000037.jpg
小坂です。

最近、浅草キッド水道橋博士のブログや、伊集院光のラジオ番組で、自転車で仕事場へ向かう、という話題がなにかと採り上げられているので、自転車に興味がありました。

そんなおり、折り畳み式の自転車がやってきました。
加入していた健康保険組合からのプレゼントです。

鍵がなかったので、ホームセンターへ行き、2種類購入。

早速、試乗しました。

乗り出してすぐ、ケツが痛くなった~。
なんだか、このシート、凄く堅くて。
シートだけ売っているのかな、社外品。

あと、ブレーキが、前輪効かない、後輪効きすぎ。
調整しないとなぁ。

タイヤも、なんかプアな感じ。

自転車乗るの、10年ぶりくらいだからかな、上り坂が辛い。
タイヤサイズが小さいのも影響してるのかも。

とかなんとか小さな不満を言ってみましたが、かなりの爽快感を味わいました。
自分の肉体を使って、乗り物を動かすというのは、面白いですね。
折り畳み式なので、行動範囲はそんなに広くありませんが・・・

本格的な自転車が欲しくなりそうで怖い。
ま、これはこれで、鈴鹿サーキットへ行った時、役に立ちそうなので、ムダにはならないでしょう。

見知らぬ人の「死」 [ちょっと思ったこと。]

小坂です。

今回は、あんまり明るい話じゃないので、そういうのが嫌な人は、読まないでください。



過日、衝撃的な光景を見た。

その日は、亡き父の十三回忌法要だった。
母と一緒に、クルマで、父のお墓があるお寺へ行き、その帰り道、人の「死」ということについて、あれこれ考えながら運転していた。

そんな時、自宅から一番近いコンビニのある四つ角に、救急車とパトカーが停まっているのが見えた。

その四つ角が、赤信号になったので、停止すると、その光景が視界に飛び込んできた。

コンビニ脇に設置されたベンチに、頭から白い布を被せられた人が、座っていたのである。
側には、救急隊員がいるにもかかわらず、救急車にその人を運びこもうとしていない様子を見て、すぐに状況が理解できた。

父が亡くなるとき、親戚が亡くなるとき、何度か看取ったことがあるが、全く見ず知らずの人が亡くなっている光景を初めて見たのだ。

普段、ニュース等で人が亡くなるような事件、事故報道を見たり聞いたりしても、ちょっとやそっとの事で、衝撃を感じることがない、と思うのです、多くの人が。

僕も、そういった報道を目にすると、「この世の中は、生まれてきた人が、全て天寿を全う出来る訳じゃない、残酷さががあるな」と思うだけで、余程の事がなければ、衝撃を受けることはないのですが、やはり、自分の目の前に起こった現実として、「人の死」というものを見せられると、その衝撃は、想像以上に大きいです。

僕は、車の運転、特にハイスピードドライビングが好きなんで、自宅近くの、ある特定区間では、ここに書けないほどのスピードを出します。

なんで、それが好きなのかと問われれば、それはやっぱり「死ぬかもしれない」という、ある種特別な緊張感があるからです。

コーナリングに失敗すれば、壁に激突して、死にます。
それをわかっていので、とても怖い。
でも、そこを無事通過できれば、「ああ、生き残れて良かった」と感じます。
というか、そういうことを感じたくて、運転しているという実感があります。

そういった事を通して、普通の人より、人の「生き死に」について、考えているつもりです。
「俺、程度の人間でも、生き延びる事が許されるのだ、今の日本は」と、ありがたく思います。

だって、世界中では、日本では考えられないような小さな理由で、今、この瞬間も多くの人が、亡くなっているのですから。

不平不満を言ったり、あれこれ、過剰に欲しがったりするより、日本という、ぬるま湯に浸かっているような、恵まれた国に生まれ、そのお陰で、僕のようなぬるい人間でも生き残れているという基本的な事実に感謝したい。

そんな風に考えていますが、現実として、自分が見慣れた景色の中で、見ず知らずの人が亡くなっているのを見た、というのは想像以上に衝撃的な光景でした。

今まで、あまりにも、「死」というものを頭でっかちに考えすぎてたかな、と反省しています。
人の死、というものは、やはり理屈じゃない。
それが体感としてわかりました。

実は、今まで、恥ずかしい話なのですが、凄惨な事件や事故の現場で、知り合いでもない、赤の他人が、献花しているのを見て「なんでそんな事しているのだろう」と不思議に思っていました。

が、今日、亡くなっていた方が座っていたベンチに、たくさんの献花がされていたのを見て、そういう人々の気持ちが、ようやく理解できました。

僕も、心の中で、自然と合掌していました。
どこのだれかも、わからない方ですが・・・

例え、見ず知らずの人であっても、自分の見慣れた景色の中で、人一人が亡くなる、(それも本人にとって、無念の死と思われる場合は尚更)というのは、大きな出来事なのです。

そんな、当たり前の事も、この年齢になるまでわからなかった、というのは、僕も精神的に病んでる部分が多少なりともあるのかな、と現実をつきつけられたような気がしました。

パープルクランベリー [ちょっと思ったこと。]

000018.jpg

小坂です。

先週、9月末で退職した会社の方に私の送別会を行って頂きました。
その際、プレゼントとして、パープルクランベリー(大実コケモモ)を頂戴致しました。
ネットで調べたところ、実は食べられないそうです。
(そんなもん、食べようとすんなよ>俺。)

選定してくれた、O嬢、ありがとう。
倉庫のように殺風景なボクの部屋には、可愛らしすぎて全く似合わない(苦笑)けど、母親が「流石に都会のお嬢さんが選んだだけあって素敵ね~」と関心してましたヨ。
(というか、O嬢は、「都会のお嬢さん」なのか?)

それにしても昨日の不味そうに見えるケーキに続き、ちっとも魅力が伝わらない写真だな。

やっぱり、35万画素のToyCameraじゃ駄目かな。

ブログ開始 [ちょっと思ったこと。]

小坂です。

9/30で、4年半以上勤務した職場を退職しました。

今日からは、無職です、事実上。

全然、実感が沸きませんが。

次の職場は、決まっていません。

今月決まっているイベントは、鈴鹿サーキットへF1を見に行く事くらいです。

なので、時間的な余裕があり、「少し、変わったことやってみたいな」と思い、ブログ開始しました。

いつまで続くかわかりませんが、色々、書いてみようと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ちょっと思ったこと。 ブログトップ