So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ

琢磨君の来期 [モータースポーツ]

小坂です。

琢磨君、こちらの記事によると、昨日のイベントで、「アグリチーム最優先」と明言したようですね。

このイベント行きたかったナァ。
会場、そんなに遠くないし。。。
去年も行き損ねて、後で「会場の全員と握手した」との雑誌記事読んで、「来年こそは」と思ったんだけど、一般販売の告知を見逃したんです、トホホ。

ファンクラブ会員向けの告知はたまたま見たけど、会員じゃないから、「もしかして、今年は一般向け販売無いのかな」とかんちがいしちゃった。

ああ、この発言、直接聞きたかったナァ。

閑話休題

アグリチーム、人材の能力的にどうなんでしょうかね。
亜久里氏は、監督としての能力、高いのですか?
彼が監督をしている時のレースを見たことが無い私は、よくわからないのですが・・・

彼に対するボクのイメージですか?
うーん、クルマ雑誌「NAVI」とか「ENGINE」で、クルマの批評している人。(笑)
その批評は、的確なので、結構好きなんですけどね。
監督業は、また別の才能が必要でしょ、たぶん。

F1 決勝日の観戦を終えて(覚え書き) [モータースポーツ]

決勝日 観戦後の覚え書き。

※駐車場からサーキットの観戦場所まで1時間。
※ドライバーズパレードが開始される12:30頃、サーキット近辺の道路は意外と空いている。
※自由席での観戦は、小さな折りたたみ椅子があると、楽かも。
※食料と、飲み物は、予備も含め、事前に購入し、観戦する席に持って行く。
※試合終了後の移動は、サーキット内の通路にこだわらず、場合によっては、ゲートからいったん公道へ出て、別ゲートに再入場した方が、時間がかからないケースがある。そのために、事前のゲート確認をしておく。
※今回は、TV地上波が生中継だったので、TV音声が入るラジオと、小型の密閉型ヘッドフォンを持って行った。
場内でもFM放送が流れているが、それよりも地上波の音声を聞いている方が、状況がわかりやすかった。
また、この密閉型ヘッドフォンは、耳栓のかわりにも使える事がわかった。
(これをしていると、F1通過音の音圧がかなり下がる)
※帰りは、最低18:00くらいまでは、サーキット内に留まっておいた方が、帰りの渋滞に巻き込まれないで楽できる。
試合終了後、30分くらいすると、サーキットビジョンに、決勝の様子が最初から最後まで再放送されるので、それを見てから帰宅するのも良いかも。
ただし、名古屋方面への高速は、それでも大渋滞だったようです。
(渋滞情報を聞くと、20:00頃で、「渋滞30キロ」と言っていました)

雑感
琢磨人気は凄まじく、近所のコンビニでは、漏れなく「SUPER H2O」が売り切れ。(苦笑)
京都から通うには遠い。。。
帰りの渋滞に巻き込まれないために、伊勢志摩方面に宿を取るといいかも。
やっぱり、15万人が、一気に吐き出されるのは、凄まじい光景。
正面ゲートは、人、人、人。
他のゲートから出た方が、絶対に楽。

まぁ、色々あったけど、楽しかったです。
行って良かったです。

F1 決勝日 [モータースポーツ]

スタート直後、琢磨がコースアウトした時点で、周囲の観客から、声には出ないですが、明らかに落胆の雰囲気が漂ってきたのが印象的でした。

レース自体は、最後、フィジケラがライコネンにぶち抜かされて、決着。
最終周に抜かれた、フィジケラ、立場無いだろうなぁ。

終わってみると、かなり面白いレース展開で、鈴鹿に来た甲斐がありました。

琢磨、今年は駄目ですね。
来期、シート確保が出来たとしても、この調子じゃ、今までの、日本人と同程度の、「いつも下位低迷で、運が良いと入賞」というポジションに落ち着きそうで怖いです。

F1予選行きました。 [モータースポーツ]

小坂です。

一昨日、ピットウォークで、昨日は鈴鹿へ行かなかったため、レーススピードで走る、F1マシン、今日初めて見ましたが、単純に感動しました。

音が、もう、楽器みたいに澄んだ良い音ですね。
脳味噌が、痺れるような感覚に襲われました。

まさに「ホンダミュージック」ですよ、あれは。

あと、速い。
もう、兎も角、速い。
他に言いようがないんだけど、速い。
あれ見ると、「とても僕には運転出来ないな」と思います。
「琢磨君は、こんな世界で戦っているのか」とびっくりします。

まぁ、結果については、途中で土砂降りになって、それに翻弄されたドライバーがいる、という事で、運の要素も強かったですね、今回の予選は。

もしかしたら、今年がホンダエンジン&琢磨君の組み合わせは、最後かもしれないので、明日はしっかりその戦いぶりを目に焼き付けてこようと思います。

あと、V10サウンドも、今年で最後ですよね。
来期のV8は、今より低音寄りの音になると言われているので、脳味噌が痺れるこのサウンドも、しっかり耳に残してこようと思います。

鈴鹿サーキット フリー走行 1回目 2回目 [モータースポーツ]

小坂です。

今朝、京都は晴れていたのですが、鈴鹿地方は、午後から雨の確率が60%だったので、恐らく、走るチームも、それほどいないだろうと思い、鈴鹿へは行きませんでした。

鈴鹿サーキット 1日目 その2 [モータースポーツ]

鈴鹿1日目雑感

●ピットウォークについて
1、2回目の入場が指定されている人は、遅刻しても、3回目の時間に間に合えば、なんとかなる。

駐車場は、正面の駐車場に入れようとしたところ「ピットウォークの方は、別の駐車場へ」と言われて、「南コース直営駐車場」へ誘導される。
1日1000円(その際、駐車場の説明が書かれた用紙を手渡され、そこを見ると「ピットウォーク・サイン会終了後そのまま決勝日まで連続駐車してもかまいませんと書かれていたので、最大、4日間1000円です。但し、1回外に出ると、再入場はその都度料金が必要。また、再入場が、必ず保証されているわけでもありません)

ここから、サーキットまで、バスが出てます。
しかし、時刻はわからないし、13時で終わりです。
私は、15時頃までうろうろしてたので、帰りは徒歩でした。
10分以上かかったかな。

ピットウォークは、有力チームの前は、当然ながら混雑して、写真撮影もままならない。
しかし、木曜の朝なので、まだ、マシンを組み立てている途中だから、特に写真撮影には、拘る必要も無いかも。

エンジンも、2~3チームが、タイミングをずらしてアイドリングさせはじめただけ。
なので、それ程大きな音はしない。

BARチーム、大人気ですね~。
当然ですが。
一番目につきます、BARのシャツ着たり、キャップかぶっている人が。
トヨタの人気は、今一つかな。

「ああ、白人のスポーツなんだな」というのを実感しました。
東洋人も、BAR以外、ほとんどいないですし。
ビックリしたのは、マクラーレンに、黒人のスタッフがいました。
いつか、黒人ドライバーが誕生するのですかね?
それは、私が生きている間に誕生するのですかね?

マシンにお金がかかっている、かかっていない、は、わからなかったのですが、通信機器を見た時に、お金のあるチームと、無いチームの差が歴然としている事に気がつきました。
ピットレーンと、レーシングコースの間にプラットフォームがありますよね。
(TV中継でいうと、ヘッドフォンした監督が、TVモニター見ている場所です)
あそこに置いてあるモニター見てると、金のかかり具合が違う事に気がつきます。

一番、ショボかったのは、やっぱりミナルディ。
単純な液晶TVにしか見えなかった。

豪華なのは、マクラーレン。
マウスもあって、TVじゃなくて、PCですな、あれは。
しかも、理路整然とクリーンに置かれている。
ピットも、そんな感じで、凄いクリーンなんですよ。
あれは、凄い。
ロン・デニスの好みなんでしょうけど。

ルノーなんかは、音楽掛けて、スポットライトを多用した、宣伝効果を狙ったピットなんですけどね。
それは、やっぱりブリアトーレの好みなのかな。
なんか、ベネトンを彷彿とさせます。

Marlboroとか、マイルドセブンの看板には、すべて日本語で、喫煙の影響を告知する文言が入っています。
タバコマネーが重要なF1界にも、タバコ広告規制の波は、徐々に押し寄せてきているのですね。

地元、鈴鹿市、3つの小学校から、児童が招待されて、ピットウォークへ参加していました。


●ピットウォーク以外で。
自由席エリアへ立ち入る事ができるので、この日、既にビニールシートを使用し、座席確保をしている人が居ました。
私も、自由席なのですが、ビニールシートがなかったので、諦めていたのですが、入り口そばの案内所で、「ビニールシート売っているところありませんんか」と聞いたら「となりです」と言われて、となりで、1人用のビニールシート(500円)を購入しました。
これで、一応、席を確保したのですが、実際には、それで大丈夫なのかな?と思います。
どうなる事やら。

今年、新設された、グランドスタンドのV席は、背もたれとカップホルダーがついた楽に観戦できる席でした。
眺望も、今までより高い位置なので、最高でしたね。

ドライバーのサイン会は、抽選ですが、抽選に外れても、残っていると、ドライバーが、チラッと見えます。
で、ドライバーが、全員ではないですが、一言コメントしてくれるので、生の声を聞きたければ、残っても良いかな、と思いますよ。
琢磨は、早く来て、一番遅くまでサインしてました。
最初と、最後に、コメントしてくれてましたし、熱心でしたね。

参加ドライバーは、うーん、チームによって、サードドライバーのみだったり、ルノーは、アロンソが来たりと、ラインナップはバラバラ。
お目当てのドライバーが、来てくれるかは、何の保証もありません。
そもそも、ピットウォークの時間帯に、となりの臨時ヘリポートへ、ドライバーが何人かヘリで到着してましたから、木曜の午前中では、鈴鹿入りしていないドライバーも多いのでは?

グッズ販売ブースは、半分程度が開いています。
当然ですが、空いてます。

レストランも、空いてますね。
私は、サーキットホールのランチバイキング(1500円)を食べましたが、12:30頃行きましたが、がらがらです。

14:00頃、再度サーキットを見ると、コース上でペースカーのベンツが何周も走行してましたが、思った以上に速いですね。
しかも、排気音も大きい。

マクラーレンは、既にマシンを組み立て終わっていて、ピットレーン上でタイヤ交換の練習。

快晴だったので、日焼けしました。
帽子があった方がいいですね。

琢磨や、ルノーの選手が、スクーターでコースの下見をしていました。
グランドスタンド前では、観客に手を振ってアピールしてました。


●まとめ。

木曜は、まだまだ、準備期間、という感じで、牧歌的で、のんびりした雰囲気です。
裏方さんが、主役の日、といった感じで、舞台裏が覗けるのは、楽しかったです。
来年、もし鈴鹿へ来るのなら、また参加したいですね。

鈴鹿サーキット 1日目 [モータースポーツ]

小坂です。

鈴鹿サーキットにいます。
本来なら、明日からなのですが、ピットウォークに当たったので、今日から鈴鹿です。

3回の入れ替え制で、私が指定されたのは、一番最初の開始時間でした。
(8:15集合、8:45開始、9:30まで。

ところが、途中、国道1号の渋滞にハマリ、朝6:00に出発したのに、受け付け到着は9:15でした。

「ああ、入れないな」と思ったら、救済措置があって、2回目か、3回目の回に、入れてくれるとのこと。

どちらか決めて欲しいとの事だったので、すでに受付開始していた2回目を指定しました。

続きは、またあとで。
モータースポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。