So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本映画『ANTIPORNO アンチポルノ』を観たんだけど、そう言えば、この監督の語り口は苦手だったのだった。 [映画]

IMG_20170215_133121.jpg
2017年2月15日 新宿武蔵野館
2017年に観た14本目の映画

かなり見る人を選ぶ、そして好き嫌いが分かれる作品ですよね。
そういう作品、嫌いじゃないのですが、これは苦手です正直。

えっとですね、見始めてから気が付きました。
園子温監督、そういえば以前見た『地獄でなぜ悪い』も苦手だったなぁと。

同じ語り口ですよね。
もちろん、物語は、違うのですが。

苦手な語り口の上に、なんだか学生映画みたいなアート表現というか、抽象的表現が降りかかってきて、監督のファンには、たまらないのでしょうが、そうでは無い私にとっては、つまらないというか、苦痛というか。

人間同士のつながりを描いている気がするのですが、それにしては、妙に画面がキレイで、猥雑さがあまり感じられなかったのも、なんだか雰囲気が違うなぁと。

8ミリとか16ミリとか低解像度のフィルムで撮影したら、また違った雰囲気になっていたような気もします。

『縁に立つ』で知った某女優さんが出演ということで見に行ったのですが、唐突なヌードに驚きました。

その女優さん以外が印象に残らないのが、なんだか作品として歪だと。

そういう歪さを狙っているんでしょうけど、もう少し泥臭さがあった方が、好みでしたね。

某女優さんの実年齢からすると驚愕のキレイなヌードに+10点です。

http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/antiporno/
http://coco.to/movie/83041
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=87084
https://www.imdb.com/title/tt5973032/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=107503

ANTIPORNO [Blu-ray]

ANTIPORNO [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。