So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イギリス映画『アイ・イン・ザ・スカイ』を観たんだけど、戦争映画ではなく、政治映画ですねこれ。 [映画]

IMG_20170215_161256.jpg
2017年2月15日 シネマート新宿
2017年に観た15本目の映画

金正男暗殺事件が起きて、この作品を見てしばらくしてから。

で、気がついたんだけど、この作品で描かれている状況も、簡単に言うと「他国で、自国にとって有害な人物を抹殺」という意味では同じ行為なんじゃないかと。
手段は違うけど、目的は同じなんじゃないかと。
一応、大義名分はあるけどの、本作で描かれている状況では。
でも、それでも他国民を暗殺する事が正当化されるのかは、よくわからない。
というか、たぶんダメでしょ、法的根拠も怪しいし、倫理的にも許される事じゃないのでは、と思った。

実際に、少女が1人攻撃目標のそばにいるとして。
こんなに躊躇するのかな、と感じた。

躊躇させている少女は、同盟国の国民ではあるけど、自国民ではなく。
しかも白人でも、キリスト教信者でもなく。

それで、こんなに躊躇するなんて、そんな良心が、米英の軍属にあるのかな?

政治家が狼狽えるのは、よくわかる。
どこの国でも、事なかれ主義なんだろうから。

だけど、軍属はどうだろうか?
一応、テロリストが自爆テロを発生させそうなので、それを阻止するための攻撃、という大義名分があり、文民統制が効いているからこその攻撃躊躇という描写になっているのだけども。

ホントに、こんな理性的な判断するのかな軍属が。
命令系統なんて無視するんじゃないの?大義名分さえ手に入れば。

我が祖国、日本国の軍隊ではなく自衛隊ですら、文民統制が怪しい状況なのに・・・

夢物語では、もちろん躊躇する軍属であって欲しいという願望はあるけど。
そして、この躊躇が、願わくば日本国内で同様の事態が発生した際にも、発露されますように・・・

米英の軍属は、無慈悲に見殺しにしそうだもんな日本人なんて白人じゃ無いしキリスト教信者でもないし。笑

民生用のドローンが登場したときに、それと人感センサーを組み合わせれば、自動で人間だけを殺す機械が、簡単に作れる時代がついに来たか、と感じたんだけど。

それがあれば、さらにテロが簡単にできるよね、自爆テロで人命を失う事無く、民生用ドローンを操縦してテロを行う事が。

今後、テロ行為は、益々簡単に、そして威力はより大きくなっていくのだろうという事を感じずにはいられない作品でした。

そして、世界は、私が思っている以上にテロにより疲弊し、混沌としているという事も垣間見る事ができました。

http://coco.to/movie/83058
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=84763
https://www.imdb.com/title/tt2057392/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=96929

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 [Blu-ray]

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本映画『ANTIPORNO アンチポルノ』を観たんだけど、そう言えば、この監督の語り口は苦手だったのだった。 [映画]

IMG_20170215_133121.jpg
2017年2月15日 新宿武蔵野館
2017年に観た14本目の映画

かなり見る人を選ぶ、そして好き嫌いが分かれる作品ですよね。
そういう作品、嫌いじゃないのですが、これは苦手です正直。

えっとですね、見始めてから気が付きました。
園子温監督、そういえば以前見た『地獄でなぜ悪い』も苦手だったなぁと。

同じ語り口ですよね。
もちろん、物語は、違うのですが。

苦手な語り口の上に、なんだか学生映画みたいなアート表現というか、抽象的表現が降りかかってきて、監督のファンには、たまらないのでしょうが、そうでは無い私にとっては、つまらないというか、苦痛というか。

人間同士のつながりを描いている気がするのですが、それにしては、妙に画面がキレイで、猥雑さがあまり感じられなかったのも、なんだか雰囲気が違うなぁと。

8ミリとか16ミリとか低解像度のフィルムで撮影したら、また違った雰囲気になっていたような気もします。

『縁に立つ』で知った某女優さんが出演ということで見に行ったのですが、唐突なヌードに驚きました。

その女優さん以外が印象に残らないのが、なんだか作品として歪だと。

そういう歪さを狙っているんでしょうけど、もう少し泥臭さがあった方が、好みでしたね。

某女優さんの実年齢からすると驚愕のキレイなヌードに+10点です。

http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/antiporno/
http://coco.to/movie/83041
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=87084
https://www.imdb.com/title/tt5973032/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=107503

ANTIPORNO [Blu-ray]

ANTIPORNO [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2017 Jリーグプレシーズンマッチ第22回ちばぎんカップ @ 日立柏サッカー場 [ジェフユナイテッド市原・千葉]

P2110010.JPG

2017年02月11日(土・祝) 13:00KO  日立柏サッカー場

柏レイソル 対 ジェフユナイテッド市原・千葉

2017年ジェフの試合観戦1試合目。

久しぶりにちばぎんカップの観戦。
試合開始直前にスタジアム着。
改修後、はじめての日立台だったんだけど、ホーム側とアウェイ側のエンドが入れ替わっていた。
しかも、ホーム側(以前のアウェイ側)は、2層構造になってるし・・・

私は、メインスタンドの一番アウェイ側最前列。
もはや最前列しかあいてなかった。

結果的には2-0で敗戦だったんだけど、ラインの高さは衝撃的だった。
GKが、あんなに前に出てるチーム、はじめて見たよ。

レイソルの選手が「いかにもJ1」という身体の使い方をしているのも印象的だったんだけど、やっぱりジェフの戦術の特異性が、強烈に印象に残る。

最前列なので、あんまり見えなかったんだけど、帰宅後、チバテレビの生中継を録画しているのを見たら、足を攣っている選手が何人も・・・

かなりリスクを取って、前に出て行く攻撃は、面白くあるけど。
だけど、日本人にとって、リスクを取ることって、凄く苦手だと思うから、そういう観点で見ると、果たしてこれが、うまくいくのかとも思う。

選手全員が、リスクを適切に取るという判断が、ちゃんとできるのかどうか。

うまくいけば、今までのJリーグには、あまり見られなかった面白いチームになると思うが、その前に瓦解しないかどうか、心配にもなる。

現地で観戦してて思ったこと。
・ホントにこの戦術メインでやるの?
・リスクを取るのが苦手な日本人にこの戦術は相当ハードルが高いんじゃないか。
・リスクを適切に取るために選手の意識改革が必須だと思うけど監督は日本人の性格的特性を理解しているように思えないんだが・・・
・夏場はどうすんだ?

という事です、まとめると。

https://jefunited.co.jp/top/matches/2017/0211/result/
http://www.reysol.co.jp/game/results/2017/170211.php
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

チェコ=ロシア=ドイツ=ラトビア=北朝鮮映画『太陽の下で 真実の北朝鮮』を観たんだけど、かつての大日本帝国とは違うのだろうか? [映画]

IMG_20170205_165107.jpg
2017年2月5日 シネマート新宿
2017年に観た13本目の映画

この作品で描かれているピョンヤンは、なんとなく知っている。
たぶん、日本は東アジアの国だからなのだろう、テレビの調査報道で、定期的に北朝鮮の実状と題した映像が流されるからだ。

今まで見た事が無い映像があるとすれば、熱心に演技指導する、北朝鮮の監督?さんのメイキング映像だろう。

言わせているセリフが随分と時代錯誤な感じなのと相まって、なんだか滑稽に見える。

だけど、日本も第二次世界大戦に負けるまでの大日本帝国時代は、多くの面で今の北朝鮮と似通った状況だったのではないだろうかと思う。

そう考えると、日本は第二次世界大戦に負けて憲法が変わって良かったと思うし、その当時の日本を国外から滑稽に見ている人たちが、一定割合いたのだろうと想像する。

監督は、この作品を完成させるに当たって、なんらかの方法で当局の監視をすり抜け、撮影を行い、撮影した映像素材を国外へ持ち出したのだろうけど、監視担当者やその家族は、収容所送りになったり、処刑されていないのだろうかと心配になってしまう。

そうなっていたとすれば、実は監督の行動も、決して褒められたものでは無いと感じてしまう。
そこまでして製作すべき映画だったのだろうかと。
もちろん、言われたまま撮影するのであれば、プロパガンダとなってしまうので、それはそれで、また別の問題となってしまうのだが。

この作品に出演した少女の10年後、20年後を撮影した続編を見てみたいが、当たり前だが、同じ監督では無理だろう。

なので、次、いつになったら、我々は再びあの少女に出会えるのか、全くわからないのだが、大過なく幸せな人生を過ごしてくれるといいな、と思った。

ありきたりの感想になってしまうが、それこそ、『この世界の片隅に』のすずさんのように、厳しい環境でも前向きに、しなやかに…

http://coco.to/movie/83365
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=87415
https://www.imdb.com/title/tt5129818
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=100923

太陽の下で -真実の北朝鮮- [DVD]

太陽の下で -真実の北朝鮮- [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカ映画『ザ・コンサルタント』を観たんだけど、IQが高い人特有の孤独と生き辛さが描かれている珍しい作品だった。 [映画]

IMG_20170203_201031.jpg
2017年2月3日 京成ローザ10 イースト
2017年に観た12本目の映画

今までの映画では、単に「頭の良い人」が描かれる事はあっても、その頭の良さが、学歴の良さではなく、知能の高さから来ている事、そして、そのIQの高さ故に、周囲から異物と捉えられ、幼少から孤独を抱え、社会に出てからは、相手に合わす事で摩擦を回避するという生き辛さを抱えている事を、ちゃんと描写している希有な作品。

この作品を見て、その事に気がついている人が、どの程度いるのか、わからないのだが。

自閉症として描かれている主人公。
でも、会計士として頭脳明晰なキャラクターなので、この人知能が高いんだな、というのは、たぶんほとんどの人が気付くと思うけど。

その心の中に、闇というより、孤独を感じました。

オヤジさんと、クルマの中での会話。
あそこは特に孤独を強く感じ、涙が出そうでした。
なんて惨いシーンなんだろう。

ストーリーの展開や伏線の回収が、ちょっと杜撰かなと思わなくも無いけど、私にとっては、知能の高い人が抱いている孤独を描いてくれただけでも、他の作品より、ずっと心に染みるし、有り難いと感じる、特別な作品でした。

興行成績如何では、シリーズ化の匂いがしますが、もしシリーズ化しても、この孤独と生き辛さが描かれるのかなぁ。
そこは、類似作品では感じられないテイストなので、残して欲しいのですが。

少し前に見た『ブラック・ファイル 野心の代償』と、似たような題材と言えなくもないと思うのです、社会のウラに流れるお金の話しという意味で。

ですが、作品の出来としては、こちらの方が、上だと思います。
とは言え、傑作ではありませんが。

http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/
http://coco.to/movie/83243
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=87327
https://www.imdb.com/title/tt2140479
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=103314

ザ・コンサルタント [Blu-ray]

ザ・コンサルタント [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカ映画『沈黙 サイレンス』を観たんだけど、想像ほど難解ではなかったが・・・ [映画]

IMG_20170201_150055.jpg
2017年2月1日 京成ローザ10 イースト
2017年に観た11本目の映画

遠藤周作原作か…キリスト教の話しだよね、難解なんだろうなという思い込みだけで、この作品、最初は行かないつもりでしたが。

マーティン・スコセッシ監督作品を見た事も遠藤周作作品を読んだ事ないのですが、思ったより評判良いので見に行きました。

確かに、想像ほどは難解ではありませんでした。
但し、と言うか、やはりと言うか、キリスト教に対しての知識が乏しいと、わからない場面もありますね。

ただそれは、限定的な場面ですので、キリスト教へ対する知識がないから、見てもつまらない、というレベルの話しではありませんでした。

一安心。
厳密に言えば、そりゃ知ってた方が良いですけどね。
とても抽象的で、作家性が強い、難解な作品だったらどうしようとビビッてましたが、そこまで難解じゃなかった。

ただ、大衆娯楽作品ではないので、それなりに教養が無いと、見てて意味がわからず、つまらないかもしれません。

たぶん、日本人が製作したら、こういう作品にはならなかったでしょうね。
キリスト教の描き方が、もっと腰の引けた描写となっていたんじゃないかと想像します。
日本人の拷問も、あれほど残虐には描かなかったでしょうし。

逆に、日本人が悪く描かれているのかと思ったら、そうでもありませんでした。
アメリカ人の製作する映画で描かれた日本って、違和感が強いじゃないですか、普通。
でも、この作品は、そういう面での違和感がほぼありません。
これは特筆すべき事だと思います。

よく言われるように、信仰とは?宗教とは?神とは?と問うているだけではなく、時代というか、国家に翻弄される庶民の姿が、描かれているように感じました。

いいですね、こういう、時間的にも内容的にもずっしりとした手応えのある重い作品。

"神対応""神曲"等、神様がインフレを起こして、なんの有り難みもなくなっている現代日本国の薄っぺらさが、浮き立ってきますね鑑賞後は。

折角なので、日本でもアメリカでもなく、ポルトガルの人たちに見て貰いたい作品ですね。

我々とは全く異なる見方があるような気がするので、それを見てみたいです。

http://chinmoku.jp/
http://coco.to/movie/83407
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=86842
https://www.imdb.com/title/tt0490215/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=69117

沈黙-サイレンス- [Blu-ray]

沈黙-サイレンス- [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

香港・中国映画『ホワイト・バレット』を観たんだけど、漲る緊張感で見終わるとグッタリする作品でした。 [映画]

IMG_20170125_211100.jpg

2017年1月25日 新宿武蔵野館
2017年に観た10本目の映画

最初の手術シーンで、私が見るべき作品ではなかったか、と若干の後悔。
ああいう医療的なシーンが、昔から苦手なのに、妙にリアルなので。

次に、終始「いつ銃撃戦が始まるのか」と緊張しっぱなし。

ジョニー・トー作品を見たのは2回目。
最初は『毒戦 ドラッグ・ウォー』だったのだが、ほぼ全員死亡という結末だったので、この作品もそうなんじゃないかと思っちゃって。

結果的には、ああいうラストだったので、私の心配というか不安は、結果としては杞憂に終わったのですが。
見終わった頃には、疲労困憊でした。
やはりラストは大銃撃戦でしたしね。

今年、たまたま中国映画を何作も見ているのですが、ほとんどの作品は、VFXの使い方が、日本人の感覚から言うと「わざとらしい」のですが、この作品もその傾向がありますね。

そこはやっぱりなんか違和感があるんだけど、中国では、このくらいはっきりと効果がわかるのが、受けるのでしょうね。

私が好きな、韓国ノワールな作品と比べると、ちょっと荒唐無稽感が強い気もしますが、これはこれで、アクが強く、あとを引く感じもします。

作家性と大衆娯楽性が鬩ぎ合って、ギリギリ大衆娯楽性が勝っている印象です。

そういう作品は、日本ではなかなか作れない作品である事も、紛れもない事実だと思うので、面白いと思いました。
『毒戦 ドラッグ・ウォー』の方が、私は好みでしたが、この作品も、決して悪くないです。

中国も国内にはたくさんの"闇"があると思うので、そこら辺がうまく絡んだノワールっぽい作品が出てくるのかな、今後は、と思いますが、一方で中国本土では、作品に対する検閲もあるのでしょうから、映画における表現の自由が日本や韓国ほど高くは無い。

その状況で、映画産業…特に、ダークサイドについて扱った作品が、どのように発展していくのかな、なんて事まで考えてしまう作品でした。

http://coco.to/movie/83208
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=87280
https://www.imdb.com/title/tt4379728/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=103496

ホワイト・バレット [DVD]

ホワイト・バレット [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

香港・中国映画『疾風スプリンター』を観たんだけど、10代~20代前半向けの熱い作品でした。 [映画]

IMG_20170125_161952.jpg

2017年1月25日 新宿武蔵野館
2017年に観た9本目の映画

ダンテ・ラム監督・脚本の作品は、『激戦 ハート・オブ・ファイト』がとても良かったので、今回も期待して見に行きました。

今作も、己の躍動する肉体で魅せるタイプの演出が施されたレースシーンは、期待通り。

ただ、ドラマパートの稚拙さというか、一昔前のアイドル映画みたいな話しは、「なんなんだろう」と思いました。

でもこの作品、たぶん、大人が見る作品じゃないんですよね。
メインターゲットは、10代後半~20代半ばなのでは?
しかも、日本の、ではなく、中華圏のそれですね。

そう考えると、辻褄が合うというか、納得できます。
でなければ『激戦』と同じ脚本家が、ここまで稚拙な脚本を書くというのは、理解し難いですから。

中華圏の10代後半~20代半ば向け娯楽作品として考えるなら、作品全体から醸し出される熱気や、挫折があっても夢を諦めるな、といった前向きなメッセージが常に発せられるのも、納得です。

見終わった後、「10代後半~20代半ばを生きる人たちへ、人生の良き先輩からの熱いメッセージ」を感じられる映画にしたかったのかな、という気がしました。
少し前『人魚姫』を見たときも思ったのですが、中華圏の大衆娯楽作品では、今のところ、複雑なプロットは必要とされていない様子ですので。

それを考えると、よくできた作品です。
もし、私に10代後半~20代半ばの子供がいたら、見せたいですものこの作品。

大人にとっても、今どきの日本映画では、なかなかお目にかかれない熱さですので、VFX多用ではなく、己の肉体を駆使する作品を見たい方にはオススメできると思います。

ドラマパートの稚拙さに目をつぶってもらえれば、ですが。

http://shippu-sprinter.espace-sarou.com/
http://coco.to/movie/40206
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=86097
https://www.imdb.com/title/tt4788638/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=87147

疾風スプリンター [DVD]

疾風スプリンター [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

韓国映画『The NET 網に囚われた男』を観たんだけど、あまりにも切ない話しかと。 [映画]

IMG_20170125_161327.jpg

2017年1月25日 シネマカリテ
2017年に観た8本目の映画

近年、キム・ギドクが製作に関わっている作品は、国家に翻弄される個人を描く事が増えたように思います。
何故そうなったのか、推測でしかわかりませんが、彼なりの危機感の表れなのでしょう。

この作品も、2つの大きく異なる国家体制に挟まれた個人の儚さを描いているように感じました。

『この世界の片隅に』のすずさんのように、現在の我々から見ると、色々な意味で"制限"がある窮屈な体制の中でも、個人としての幸せはある訳だし、それを追い求める事は、なんら不思議がありません。

この作品の主人公も、あの日、スクリューに網が絡まなければ、彼の生きている世界の中で、いつも通りの"日常"を多少の不満を抱えながらも、一方で幸せも感じながら、平凡に生きていけた筈。

それが、不幸にも、国境を越え、別の価値観を持つ国家へ流れ着いてしまった。

その国で、今まで見たことが無いような"繁栄"を知る訳ですが、それが必ずしも幸せでは無い事も、感じてしまう。

そして、生まれた国へ戻るも、嫌疑をかけられ辟易しながら、ようやく家族のもとへ帰る日がやってくるわけですが…

もう、戻れないんでしょうね。
何も知らなかった、あの日へは。

心穏やかに、家族とともに小さな幸せを感じながら、生きていく事が、もう出来ないのだと、悟ったんだという気がします。

あまりにも切ない話しでした。

恐らく、この作品と同じように、国家に翻弄された人生を送っている人が、朝鮮半島には、たくさんいるのだろうという事も、容易に想像できますしね。

http://coco.to/movie/83428
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=87468
https://www.imdb.com/title/tt5996202/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=100852

The NET 網に囚われた男 [Blu-ray]

The NET 網に囚われた男 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: Blu-ray






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

韓国映画『奴隷の島、消えた人々』を観たんだけど、実話ベースの話しなんだけどねぇ・・・ [映画]

IMG_20170123_185132.jpg

2017年1月23日 ヒューマントラストシネマ渋谷
2017年に観た7本目の映画

2014年に発覚した「新安塩田奴隷労働事件」がベースとなっているようだ。
ただ、事前にこの事件を知らなかったので、実話部分とフィクション部分の境目がわからなかった。

調べてみて、フィクション部分がどこなのか理解できたのだが、確かに、実話部分だけでは、『トガニ』のような、闇に埋もれそうになった事件を告発するだけの話しと重なってしまうので、フィクション部分が追加されているのだと理解した。
そもそも、ベースとなった事件自体が、闇に埋もれそうという事ではなかったようだし。

数年前、日本で公開された韓国映画『野良犬たち』と類似してる点が多い作品と感じた。

主人公が記者で、知的障害を持つ人が、虐待されている。
しかもその場所は、人里離れた「ヨソ者」がほぼ来ない、小さな村のコミュニティ。

先進国の仲間入りをした大韓民国の中に内包される遵法意識やコンプライアンスが欠如した後進性が残る地域…そういった中で起きる、人権を無視した事件…

韓国映画は、こうした後進性と向き合う作品が、多いし、そういった作品は、割と面白い作品となっている事が多いように思います。

しかし…地元警察との癒着も含め、こういった共同体、昭和時代の日本国にも多数あったのだろうと考えるとゾッとしますね。

過度な遵法意識やコンプライアンスに敏感すぎる傾向の日本国もどうかとは思いますが…

それはさておき、韓国映画特有の"後味の悪さ"も、しっかりと感じられて、そういう韓国映画が好きな方には、オススメできると思います。
思っていた程の"ノワール感"は、ありませんでしたが、謎解きへの興味を最後まで引っ張ったので、面白く感じられました。

それから、カメラを持って取材をして事件の真相を明らかにする「メイキング映像」方式(と韓国某サイトに書かれているけど、フェイクドキュメンタリー方式と言った方がわかりやすいかも)が興味深かったです。
あんまり見た事無い映像表現でしたが、破綻している感じはしなかったですしね。
全編POVにするより、むしろ、臨場感があったように思います。

【未体験ゾーンの映画たち2017】でのみ公開ということで、たった数回しか上映されないのだと思いますが、ちょっと勿体ない感じです。
有名韓流スター出演の映画じゃないので、仕方がないのでしょうが。

https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017
http://coco.to/movie/83644
http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=87746
https://www.imdb.com/title/tt6333380/
http://movie.daum.net/moviedb/main?movieId=92375

奴隷の島、消えた人々 [DVD]

奴隷の島、消えた人々 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画